中用量ピルって効くの?

中用量ピルや低用量ピル、色んな種類がありすぎてどれがいいのか分からないという方はこちらをチェック!

避妊薬である中用量ピルと東京の病院

ピルとは女性用の経口避妊薬のことであり、ホルモンの分泌に作用する薬のことを指しています。世界中で多くの女性が使用していると言われる避妊薬であり、日本でも少しずつ広まって生きています。ピルという避妊薬には、2つの女性ホルモンが含まれており、体内にあるホルモン量を調整することができます。それによって妊娠している時と同じような状態を人工的に作り出すことができるため、妊娠しなくなるという仕組みです。なぜ中用量ピルと呼ぶかということですが、これは薬に含まれる卵胞ホルモンの量が関係しています。このホルモンの含まれる量が50マイクログラム未満のものは低用量、50マイクログラムのものは中用量、50マイクログラムを超えるものは高用量となっています。初めて使う時はつわりのような症状が出てしまうこともありますが、慣れればあまり気にならなくなります。中用量ピルに含まれる卵胞ホルモンの量は低用量ピルの倍程度となっており、年齢と共に女性ホルモンの量は減っていくため、年を重ねたら低用量ピルに切り替えた方が良いでしょう。中用量ピルは低用量ピルよりも多くのホルモンが配合されているため、より確実に避妊できると言われています。また、低用量ピルは飲み忘れると避妊効果が無くなってしまうこともあるのですが、中用量ピルは少しくらい飲み忘れがあっても問題ありません。しかし、3日以上飲み忘れた場合は他の避妊法を行うことが大切です。東京で中用量ピルを処方してもらいたいという場合、信頼できる病院やクリニックを探してみると良いでしょう。東京で中用量ピルを処方してくれる病院やクリニックについて紹介しているサイトなどもあるため、そのようなサイトの情報を参考にして東京の病院やクリニックを見つけるのもオススメです。